キャンプでの充電方法

キャンプでの充電方法

スポンサーリンク


島のキャンプで充電どうしてんの?って思いません?

宿チームとのやり取りや、釣りチームとのやり取り。
情報が知りたいときもあります。
お天気も気になります。台風情報などはチェックしておかないとです。

電波が拾いにくいのか、結構消耗します。

キャンプの充電~大容量バッテリー

キャンプには大容量のモバイルバッテリーを持っていきましょう!
私は、パナソニックの5,400mAh(スマホが2回フル充電)と、アンカーの16,000mAh(約7回フル充電)を持っていきます。
※回数はだいたいの目やすです。

それでも2週間のキャンプには足りない時がありますが、後半一週間は宿組の友達と合流することが多いので、充電してもらいます。
子供達もスマホを持ったので、ちょっと足りなそうです。
アンカーの16000mAhは5年前で5,000円位で購入しましたが、今は25000mAHでも2~3千円台で買えるんですね!
なんとお得!

キャンプの充電~ソーラーパネル

うちはまだ持ってません。去年三宅島のキャンプの時に持っている人がいて、これめちゃ便利だよ!と教えてくれました。
太陽の力で充電できれば、容量が足りなくなる心配もありません。
また、万が一の災害の時にも良いですよね。
ちょっとお値段がはりますなー

キャンプの充電~近くの商店

もうこれは運ですね。
お断りされるかもしれないし。勇気がいります。
でも1度だけしたことがあります笑
もうどうしようもなく、困って困って
八丈島キャンプの時に、1日2回は行く商店があってそこでお願いしました。
快く「いいですよ~」とおっしゃってくれて感動
お支払いします!といっても「いらない」と受け取ってくれませんでした。
なるべく買い物はそちらの商店でたくさん買うようにしました。
ほんと助かりました。

まとめ

不便さが醍醐味のキャンプですが、やっぱりスマホは手放せないですね笑
一番安定して安心できるのは、大容量のバッテリーでしょう。
ちょっと重いけど、小旅行にも使えます。
ソーラーは大きいし持ち運びには不便そう。
車での移動だったら良いかもしれません。

あーっキャンプ場に電源が欲しい←だめじゃん

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする