キャンプ資格取得の為の1日目

キャンプ資格取得の為の1日目

スポンサーリンク

東上線寄居
9時半、東上線の寄居に集合。早起きして出発。
50分も早くついて、お茶するところもないし…ボーーーっと待つ。
9時半だいたいそろったけど、遅れてきてる人を待って30分待つ。眠い。

集合


来ないから出発!なんとここから40分ほどかかるらしい
山道くねくね。急に山道からのさらに細い舗装されていない山道に入った瞬間ワクワク!
ひゅーっ!車おちるぅぅって
大きいマイクロバスがガンガンくねくね走って楽しくなってきた!
ここどこ?って山奥に着きました。

キャンプ場到着 開講式


【受付、健康チェック、簡単な案内】
荷物をおいて集合。
知らない歌とおきてというものを振りつきでする笑
旗もあがる。ちょっとかわいい

みんなで遊ぼう

アクティビティ写真
【アクティビティ】
2名ずつペアになって自己紹介後ゲーム。入れ替わってまた繰り返す。
ちがうゲームでもペア。
人数を増やしてチーム分け
バラバラだけど、鬼対他で一体感を。
なんかいろいろなゲームをやっているだけのようで、これも団体のキャンプにおいてどんどん親密になっていくようにする工夫なのだと。
鬼ごっことか久々やった笑

ランチ

ランチ1日目
パスタをbuffet式に。
ソースもサラダもたくさんあって美味しかった💛

特にたらこソースめっちゃ美味しかった(あ。めっちゃって言うと…w)

オリエンテーション


これからの流れなどを話し合いました。

ロープ結び、シートアレンジ、火おこし講習


野営プログラム講習【ロープ結び、シートアレンジ、火おこし講習など。理論:安全】
シートアレンジは、わかりやすく模型が作ってあって参考になりました。

火おこしの種類も豊富で、原始的な木の摩擦で起こすものから、火打石、メタルマッチ、ライターも普通のマッチもある。
ガスコンロもあるよって笑。

身の丈で自分にあったやり方、自分のやりたいやり方でよいそう。
私はメタルマッチを選択!

火おこし、シェルターづくり、各自野外調理


野営プログラム実習【生活技術、安全】
さて、ひと通り講習を受けたけど、みるとやるとは大違い!
やってみなきゃね!

シェルターつくり


まずはお家!雨除け!物を置いたりの拠点作り。
なるべく平らで、ロープを結ぶ為の良い感じの木があって、火の場所が広くとれるような所を確保。
シェルターの模型の様に木と木でロープを張ったところにシートをかぶせる。
うーんたわむ…
ピンと張りたい
すぐ聞く笑 すぐ解決
こうした方が良いよと教えてもらった方法で作る!しっかりピンと張れた。
結局、模型のようなイメージどおりにはいかなかったけど、結果オーライ!

火おこし

火おこしに手を付けてしまったら、付きっきりになるので、そのまえに準備。
食事の為の道具や、火おこしの道具、薪や燃えやすい物の用意。
山にさまざまな大きさの木を探したり、杉の落ちた葉を拾ってきたり
雨が降ってすべてが濡れているので、拾ってきた木を、乾いているものに交換してもらったり、

さーて準備OK!やるぞー!

つかない
悪戦苦闘

こうやると良いよ!と教えてもらった方法でねばる。
ついた!
ちょっと火が起きだしたのに
入れすぎか?消えてしまったぁ
がくーん

え!?消えちゃったの!!
はい・・・笑

ごはんが食べられる気がしない

やだ!あの特大ソーセージを食べるんだ!キリッ

繰り返し繰り返し
再度着いた!
大事に大事に育てます。

自分で起こした火で野外調理スタート

よっしゃーついたぁぁ!
食材を切り出して準備。

余裕?のお箸作り。ウィンナーの串も作ったよ!

まずはお米を炊こう!
炊きながらウィンナーも焼いて。

お先にウィンナー。
ジューシー!ビール欲しいぃぃ

用意していただいている食材の種類も豊富で
何を作るか迷ったけど

簡単にたまねぎとナスのトマト煮とごはんとソーセージ2本!
チーズとたまごも乗せて!

ごはんもだいたい0.5合とか炊いたことないし
だいたいの目分量でよくできました。

やばい。ソーセージ大きくて2本目いけない…
明日朝にキープ。
トマト煮も多い
後半ごはんにかけて食べていたので、だれかに分けるなんてできないし
こ…これはがんばろう

なかなか私の一人分ちょうどいい出来上がり量を作るって大変なんだなぁ
お腹いっぱい幸せ

火を消火後集合

後でアクティビティから戻った後にも、火を復活させて楽しめるように、
石をかぶせて鎮火
雨も降っているし、どうなるんだろう。

キャンプファイアー


【アクティビティ1h】
雨の為、屋内でキャンドルファイアー。
キャンドルファイアー

みんなでキャンドルのタワーを囲み、輪になり
あ や し い !
なかなかハードなゲームの連続、約1時間
次の日の筋肉痛の原因はこれだと思われる笑

朝までフリー

キャンドルファイアーも終わり、それぞれの時間へ。
参加者11名。みなさん野宿。私だけ小屋を選択。


とりあえずシェルターにもどり、火の様子をみてみる。
うーん消えちゃってるんじゃないかなぁぁと思いつつ
パタパタしながら木を入れたりしていると
すごい!復活!
ただ火を眺めてぼーっとしてしばらく過ごしました。

残った薪をお隣さんにあげて火を消して小屋へ。
マットと寝袋は貸してもらいました。

小屋は小屋で寝れませんでした笑
テント持ってくれば安心して寝れたのに…なんて

目をつぶって体を休めるだけでも違うから大丈夫!
おやすみなさい

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする