GWキャンプ2019⑤三宅島5日目大島へ

GWキャンプ2019⑤三宅島5日目大島へ

スポンサーリンク

今日は午後の船で大島へ向かいます。
船は13:20の予定ですが、ここ数日1~2時間程度の遅れがあるので、はっきりした時間は11時にならないとわかりません。

まずは朝食

朝ごはんを食べないと動けないですよね。
昨日のお魚のアラ汁
アカハタ、かさごのお刺身
頂いたトマト(なんかビタミンが染みるわぁ)

がお。アラ汁

カンパチの漬け

一晩漬けにしたカンパチ。ねっとりがたまらない!島とうがらしも効いてるぅぅ

きのう帰るキャンパーに頂いたトマト

キャンプするとテキメンにわかるのです。
体が欲するんだよねぇ。今、体に必要なものを。

大きい荷物は内地へ返送

これから大島→式根島に行くのに最低限の荷物だけ持って、他のキャンプ道具は送ってしまいます。
あったら便利なものばかりですが、持てる範囲に厳選です。

食事の片づけをして、持っていく荷物をひとまとめにしたら、残りは箱へ。
きのう天気だったので、湿っていたものも乾かしてから送れました。

荷造りも完了。宅急便も集荷に来てくれて、テントも乾かしてたたんで10時前にはキャンプ場をでました。
明日葉をたくさん摘んで
三宅島のり弁
最後ののり弁を買いに行って、クーラーボックスに氷も足して、
今日の港、三池港におーぱぱとらぶりんと荷物一式を降ろして、レンタカー屋さんに返却に行きました。

三宅島三池港

三池港横
またすぐ来るよ!三宅島!またね

大島へ

大島から式根島
16時50分あっという間に大島到着。
さてここからどうやって移動するか、はたまた移動せずに元町港にいれるか…

明日朝の9時10分発のジェット船で式根島へ向かうため
なかなか忙しい。
キャンプ場に行ってテント広げてとかせずに、元町港でまったりできたら…
なんて思っていた。

大島キャンプ場への交通手段

約13㎞の道のり。
バスだと片道一人640円×4人=2,560円
タクシー片道4~5,000円(タクシーの運転手さんに聞いた)
レンタカー往復5500円(一番安いのがあれば)

一番4人で安いのはレンタカー。車が借りられれば良いのだけど
一か所は車がもうなし。
もう一か所は…事務所に誰もいない、電話してもでない
電話ください!すぐに来ます!って書いてあるのに
電話すらでない。
もう車がないからか?笑

レンタカーの可能性はなくなった。

タクシー?往復だと1万円近くかかってしまう…却下。

じゃぁ バスで頑張るか!

大島の立ち飲み屋さん

大島豊田屋

元町港から大島キャンプ場へは車で約20分
バスが来るまで40分近くあったので
ついて早々に目に入った立ち飲みやさんに吞兵衛3人吸い込まれるように行きました
ここがものすごく
HIT!!
焼酎を頼むと、「氷がきれちゃってるのよぉ 缶酎ハイならあるけど」
「氷いらないです(全員一致笑)」
「えーーー大丈夫?」と大きめのカップについでくれたのだけど
ドボドボドボドボっ
こっちが、えーーーーってなったよ笑
なかなかな量いれるんですね笑うれしいけど。コップに半分くらい
「じゃぁ適当に割ってね」とペットボトルのお茶を2本どーん

大島イカ焼き

まず目についたイカ焼きを注文。
けっこうな量がある。
目の前で焼いてくれます。

明日葉炒め

明日葉を炒めたものを美味しいよって出してくれたり
万願寺(ししとうのようなもの)を焼いてくれたり
注文していなくてもどんどん出る笑

大島豊田屋立ち飲み

イカいくらか知らないし
料金ものすごくならないかなぁと少しよぎったけど
2,000円ちょっと。
サービスすご過ぎ!
おばさまもとっても良い感じ!キュートさも漂う方でした。

あーっバス遅れないかなぁ笑
名残惜しいけど、あっという間にバスの時間。しかも最終便なので
一本見送るとかできません
また大島に来た時には、真っ先に寄ります。

大島バス

大島バス荷物
運転手さんに荷物が多い事を告げると、バス下のトランクを開けてくれました。
ある程度そこに入れて、残りは運転手さんの後ろのスペースにも置き場所が少しあるので置かせてもらいました。
料金は後払い制。番号が刻印されたチケットをとって乗ります。
らぶりんの愛の手帳が使えたので、私とらぶりんで大人一人分の料金でした。
大島断層
バスが進んでいくと断層が見えてきました。
きょろきょろとしている間にキャンプ場近くのバス停到着。
大島海洋国際高校で下車。大荷物でお手間をかけてしまったのに、いろいろと教えてくれためちゃめちゃ優しいバスの運転手さんでした。
ありがとうございました。

大島キャンプ場到着

ケシュアテント子供
バスをおりて、来た方の道へ少し戻る形で歩き出し、約10分ほどでキャンプ場内到着。
案外ちかくて良かった!ほっ
大島キャンプ場夕陽

ちょうど夕陽が落ちていく時で、赤く染まる空がきれいでした
ケシュアテント

テントを広げて、(もうペグすら打たなかった)
飲み再開。
しつつご飯を炊いて、温めるカレーで簡単にすませました。
ゆっくりして
明日朝も早いしおやすみなさーい

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする