大型船の乗り方 知っておくと快適!

大型船の乗り方 知っておくと快適!


伊豆七島へ行くには、竹芝桟橋が発着地点となります。
私たちは出航の1時間前に、大門駅に着くようにしてそこからテクテク歩いていきます。

まずはコンビニによる
乗船手続きをする
女性専用ルームにしてもらう
船での充電には分岐コンセント
船内寒さ対策

まずはコンビニによる

途中コンビニに寄り、朝食用のおにぎりなどの食べ物、船内についてからの乾杯のお酒、飲み物、お菓子を買います。
船内にも売っていますが、いろいろ選びたいので笑

乗船手続きをする

受付で予約番号を告げて料金を支払います。
この時に、株主優待券などの割引できるものがあれば一緒に出します。

女性専用ルームにしてもらう

予約の時にするのがベストですが、忘れてしまった時には、この時に女性専用室にしてくださいと伝えましょう!
2等和室は片側5名×2の10名が入れる半個室の区画が基本です(橘丸)。
繁忙期、混んでいて、他7名が男性だったら…ちょっと寝づらいですよね。
なかなかそんなことにはならないように、席を配分する方が、とても気を使ってくれています。

一度、私たち母子3人の反対側に、2席分使うくらいの体の大きな男性2名と一緒になりました。
体臭がすごくて…その区画の靴置き場の外にまで匂いが溢れるほど…
仕方がない事ですけど、だれが悪いわけでもないのですけど、
子供も、う゛ッ…となるものの、文句も言いませんでしたが、しばらく船室外で時間を潰し、ダメもとで
クルーの方に他に空いているお部屋はありませんか?と理由を話し相談すると、
船室の状況をチェックしてくれて、他のお部屋に移してもらえました。

これはもう空いていなければ、どうしようもなかった事なので、もしダメなら、
座席がとれなかった方々の様に、シートをどこか通路に敷いて過ごそうと思っていたので、とても助かりました。

女性も体臭きつい人いる事もありますが笑

ひとまず、女性だけのお部屋の方が気持ちが楽です。

船での充電は分岐コンセントを!

船室でのコンセントの数は、限られています。
1人で、スマホもデジカメもなんてしていたら、他の方にも迷惑だし、逆の立場なら困ると思います。
そこで一つを増やしてしまえばよいのです!

一つのコンセントを分岐してそこだけ我が家で使わせてもらう。
そしたら占領しなくていいですものね!

だいたいコンセントは2つさすところがありますが、
もし2つとも埋まっていたら。

そんな時けっこうあります。

持ち主に一声かけて、コレで分けさせてもらえないかとお話しましょう。
その人のをどかせ!と言っているわけではないので、OKがでますよ!
これでみんなHAPPY!

船内寒さ対策

船内はけっこう寒いです。
寝ていると寒さで目が覚める程寒いです。
我が家はラッシュガード長袖を着て、パラオを掛けて凌いていましたが、それでも寒い時には
船内で有料ですが毛布の貸し出しがあります。

行きの船で寒くて風邪をひいたら、目もあてられませんので、
無理をしすぎず、借りましょう。

といいつつ、ケチって我慢しちゃうんですけどね私。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

/* 吹き出し空白 */